今人気の旬の果物をお届け!
産地直送通販サイト
ご当地風土

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} さん
{@ member.stage_name @} 会員
利用可能ポイント
{@ member.active_points @} ポイント

熊本県産デコポン

マスクメロン

まるごとみかんゼリー

商品カテゴリー

都道府県カテゴリー

商品カテゴリー

都道府県カテゴリー

ご当地麺
人気ランキング

前へ
次へ

ギフト用
人気ランキング

今が旬の商品
人気ランキング

みかん
人気ランキング

前へ
次へ

デコポン
人気ランキング

前へ
次へ

黒毛和牛
人気ランキング

メロン
人気ランキング

馬刺し
人気ランキング

スイーツ
人気ランキング

前へ
次へ

ご飯のお供
人気ランキング

前へ
次へ

総菜
人気ランキング

前へ 次へ

梅商品
人気ランキング

前へ 次へ

北海道・東北
お取り寄せ
人気ランキング

【保存版】人気ご当地グルメ200選
「都道府県別一覧!」

ご当地グルメとは、その地域でしかとれない食材やその土地で有名な食材を使った料理です。日本各地にご当地グルメは存在し、近年ではご当地グルメの大会なども開かれる程の人気を集めています。
主に、ラーメンやハンバーガーなどの料理がご当地グルメとして愛されています。
今回は、47都道府県全てのご当地グルメを地方別に紹介いたします。

北海道のご当地グルメ

ジンギスカン

北海道を代表する郷土料理「ジンギスカン」。成羊肉であるマトンや、子羊肉のラムを、野菜とともに焼いていただく日本固有の焼肉料理です。中央がドーム量に盛り上がったジンギスカン鍋は、肉から滴り落ちた肉汁を野菜に吸わせるとともに、羊肉固有の臭みを逃がす仕組みになっています。

石狩鍋

石狩鍋は、北海道石狩川の特産品である鮭のぶつ切りを豆腐や野菜とともに、みそベースの出汁で煮込む郷土料理です。戦後間もない1950年頃、「鮭の地びき網漁」を見るために集まった観光客へ振舞っていたことで評判になり、全国的に有名になったとされています。

札幌ラーメン

インスタントラーメンでも有名な「サッポロラーメン」。北海道特産の野菜がたっぷり入っており、日本人の口に合う「味噌味」で作られていることから、全国にファンの多いご当地ラーメンです。札幌ラーメンというと味噌スープという印象が強いかもしれませんが、札幌市内のラーメン店では塩味やしょうゆ味も用意されていることが多いです。

旭川ラーメン

札幌よりも北に位置する旭川では、ラードをたっぷり浮かせた醤油味の旭川ラーメンが有名です。氷点下数十度になることも珍しくない旭川の寒さに合わせて、スープが冷たくならないようにラードの層を張るというこの独特なスタイルが生まれました。一見こってりした印象を持ちがちですが、あっさりとした醤油ベースのご当地ラーメンです

カニすき

冬の北海道にいくなら絶対に食べたい贅沢グルメ「かにすき」!あっさり風味の昆布だしに野菜・キノコ類、蟹を入れて煮込む北海道ならではの鍋です。蟹のエキスがたっぷり溶け出したお出汁で作る「締めの雑炊」も絶品です。

いももち

ゆでたじゃがいもに片栗粉を混ぜ合わせ、お餅のように丸めて焼いた料理で、主におやつとして楽しまれています。地域によっては、「いもだんご」とも呼ばれており、醬油ベースの甘いタレをつけて食べられています。

豚丼

豚丼は、ご飯の上に豚肉を煮たタレと玉ねぎがのった、日本の丼物料理の一種です。豚肉は薄くスライスされ、醤油やみりんなどで味付けされた甘辛いタレで煮込まれます。豚丼は、丼ものの中でも比較的安価でボリュームがあるため、学生やサラリーマンのランチメニューとして人気があります。特に、関東地方や東海地方で親しまれていますが、全国的に食べられています。

鮭のチャンチャン焼き

鮭のチャンチャン焼きは、北海道地方を代表する郷土料理の一つで、鮭のフィレを野菜と一緒に味噌味で焼き上げた料理です。主に野菜として使われるのは、キャベツやニンジン、タマネギ、エリンギ、しいたけなどで、これらの野菜を細かく刻んで混ぜた味噌を鮭に塗り、オーブンでじっくりと焼き上げます。チャンチャン焼きは、栄養価が高く、脂肪分が多い鮭を野菜と一緒に食べることで、バランスの良い食事ができるとされています。また、野菜と味噌の風味が鮭とよく合い、コクと旨味があるのが特徴です。

いかめし

いかめしは、鯵めしに似た地元の海産物を使ったご飯料理です。鯵めしとは、鯵の身や卵を混ぜた魚ご飯のことで、いかめしも同様に、刻んだイカやイカの卵を混ぜ込んだご飯料理となっています。また、いかめしには地元で採れる干しエビを加えることもあり、香ばしさや食感が加わり、より一層美味しさを引き立てます。

青森県のご当地グルメ

津軽そば

「挽きたて、打ちたて、茹でたて」の三たてが一番美味しいと言われる蕎麦ですが、青森県の津軽蕎麦は生地を引いた後で半日間寝かせる「熟成させる蕎麦」としてしられています。栄養が偏らないように大豆をつなぎに使用していることや、日持ちさせるために茹でた麺を一度冷やすという独特な工程を得て作られているご当地麺です。コシが少なくとても柔らかい麺なので汁をすするように食べるのが「津軽そばスタイル」です。

八戸せんべい汁

青森県南東部から岩手県北部の伝統食品である「南部せんべい」を味噌汁や鍋に入れて煮込んだのが「せんべい汁」です。この地域ではどの家庭でも食べられていた定番家庭料理でしたが、八戸市の観光団体がPRを行った結果、青森を代表するB級グルメとして知名度を上げています。

いちご煮

ウニとアワビ、言わずと知れた二大高級食材を一緒に煮たお吸い物が「いちご煮」。「いちご」と呼ばれている理由は「乳白色に濁った汁に浮いたウニが、朝のもやがかかった野イチゴのように見えたから」とのこと。なんともお洒落なネーミングです。

青森味噌カレー牛乳ラーメン

味噌とカレーと牛乳とラーメンという異色の素材が一つになった衝撃のご当地ラーメン。近年はやりのB級アレンジ料理というわけではなく、1970年代ごろから青森県内で親しまれている歴史あるソウルフードなのだそうです。カレーと味噌という主張の強い味を、牛乳が包み込むことでマイルドな味になっています。

岩手県のご当地グルメ

盛岡冷麺

全国的にも知名度の高い「盛岡冷麺」。朝鮮半島の伝統料理である咸興冷麺と平壌冷麺をベースに、日本風にアレンジを加えた日本独自の冷麺です。コシの強い麺、旨味たっぷりの冷たいスープ、酸味の効いたキムチ。他のご当地ラーメンにはない盛岡冷麵ならではの味わいが魅力です。

わんこそば

わんこそばとは「一口大のそばを食べるたびに新しいそばがお椀に次々と追加されていく」という独特なスタイルで親しまれているエンタメ性満点のご当地グルメ。お店によって提供方法や蕎麦の量にも違いがあり、お椀15杯分でかけそば1杯分の店から7杯でかけそば1杯分の店まで様々です。歳の数だけ杯数を食べると長生きすると伝えられています。

まめぶ汁

まめぶ汁は、煮干しや昆布だしの醤油系の汁に。野菜・焼き豆腐・くるみと黒砂糖をつつんだ団子「まめぶ」などを入れて煮込んだ岩手県久慈市地方の郷土料理です。醤油ベースの汁物でありながら黒砂糖いりの団子がはいっているため、「しょっぱい&甘い」という不思議な味付けとなっています。

きりたんぽ

きりたんぽは、主に秋田県で食べられている郷土料理で、もち米をすり潰して長く細い筒状にし、その中に鶏肉や野菜、味噌などを詰め込んで焼いた料理です。きりたんぽは、もともとは農家で余ったもち米を食べるために作られた料理でしたが、今では秋田を代表するグルメとして有名です。独特のもちもちとした食感が特徴的で、味噌汁に入れて食べるのが一般的ですが、鍋料理にも利用されることがあります。

宮城県のご当地グルメ

牛タン

宮城県仙台名物のご当地グルメといえば、やはり牛タン!実は仙台はもともと牛タンの特産地というわけではなく、仙台の焼き鳥店「太助」にて提供されたことから広まったとされています。スーパーなどで販売されるものに比べると厚切りなのが特徴です。牛タン定食として提供される際には、白米の代わりに麦飯がセットになっていることも定番です。

ずんだ餅

ずんだは、枝豆をすりつぶしてつくられる豆のペースト。これを餡(あん)として餅にまぶして作られるのがずんだ餅です。餅で餡を包むのではなく、餡を絡めて食べるというのもポイント。最近では「ずんだプリン」や「ずんだシェイク」など新感覚のスイーツも開発され、人気を誇っています。

はらこ飯

はらこ飯は、秋から冬にかけて水揚げされる鮭の身とイクラをふんだん使った贅沢な逸品です。普通の「鮭イクラ丼」とは異なり、鮭を煮込んだ際の煮汁を使ってご飯を炊くことが最大の特徴。鮭の出汁を吸い込んだ白米の上に、プチプチのイクラの食感とホクホクの温かい鮭の身は、寒い冬にピッタリの旬のご当地グルメです。

笹かまぼこ

笹かまぼこは、宮城県特産の「笹の葉」の形に成形された焼抜かまぼこです。見た目の良さから贈答用やお土産としても人気が高く、今では宮城県の名物となっています。

秋田県のご当地グルメ

稲庭うどん

日本三大うどんの1つとしても有名な秋田県の特産品「稲庭うどん」。伝統の技法で手間をかけて製造される「干しうどん」です。ひねりながら練るという独特な製法によって麺の内部に気泡が生じており、なめらかで上品な食感が楽しめます。

きりたんぽ鍋

すりつぶした「うるち米」を杉の棒に巻きつけて焼いた「たんぽ餅」。それを棒から外し、切って食べやすくしたものが「きりたんぽ」です。鶏ガラ出汁に濃口醤油で味付けした「きりたんぽ鍋」。

ハタハタ

スズキの仲間に属する白身魚で、主に日本海側に生息しています。多くは煮付けや焼き魚として食べられており、ホロホロとした身が特徴です。また、小骨が少なく、ウロコもない、小ぶりなことから非常に食べやすいことでも知られています。ハタハタと言われる由来は、雷が鳴る音を表現した擬音語の「ゴロゴロ」を古語で「はたたく」と表したことからだと言われています。

山形県のご当地グルメ

玉こんにゃく

「玉こん」の愛称で親しまれている山形県のご当地食材で、その名の通り2~3cm程の球状のこんにゃくです。花見や観光地などのイベントの際で販売されており、ファストフード感覚で食べられています。醬油で煮て辛子をつけて食べられています。

いも煮

里芋をメインに、牛肉とにんじんとごぼうとねぎなどを合わせて作る鍋料理です。「芋煮会」という行事も存在し、家族や友人、学校や職場などの親しい仲間同士で芋煮を食べる行事です。芋煮フェスティバルでは、大型の建設機械と6m以上の大鍋を使って、6t以上の芋煮を作ります。

納豆汁

納豆汁は、納豆をスープに入れた日本の郷土料理の一つです。主に東日本地方で食べられており、納豆のネバネバと味噌汁の出汁が合わさった独特の食感と風味が特徴です。具材としては、野菜や豆腐、魚などが使われることがあります。また、納豆の風味を生かすため、具材はあまり多く入れず、シンプルに仕上げることが多いです。栄養価が高く、ビタミンB群、カルシウム、鉄分などが含まれているため、健康にも良い食材として知られています。

福島県のご当地グルメ

なみえ焼そば

一次産業が盛んな福島県のなみえ町で、労働者のための安くて腹持ちの良い料理を作ろうとした所から「なみえ焼そば」が誕生しました。極太の中華麵と豚バラ肉ともやしのみを使った焼きそばです。シンプルながら多くの人に愛されているご当地グルメです。

喜多方ラーメン

「博多ラーメン」「札幌ラーメン」と並ぶ日本三大ラーメンの一つで、喜多方市内には100軒以上のラーメン店舗が存在するご当地ラーメンの聖地で、醬油ベースのスープに平打ち麺が特徴です。お店によって異なるため、喜多方市内では、様々な喜多方ラーメンを味わうことができます。

いかにんじん

その名の通り、するめとニンジンを細切りにして、醬油、日本酒、みりんなどで味付けをした郷土料理です。おかずとしてもお酒のおつまみとしても愛されています。

こづゆ

江戸時代後期に庶民のご馳走として普及し、今でも正月や婚礼の場で振る舞われている料理です。帆立などの貝類の貝柱でだしをとり、里芋やニンジン、しいたえを加えたお吸い物です。福島県でも内陸部に位置する会津では、海産物は貴重な食材であったため、庶民のご馳走として広まりました。また、具材の数が割り切れない奇数であることから、縁起のいい食べ物として婚礼の場で食べられています。

田楽

田楽は、豆腐を主な材料とする、日本の郷土料理のひとつです。主に東日本で広く食されています。豆腐に味噌を絡め、魚や野菜を混ぜたものを串に刺して、炭火で焼いたものが一般的です。味噌の種類や具材は地域や家庭によって異なりますが、基本的には、豆腐、白味噌、甘味噌、醤油、鰹節などが使われます。田楽は、豆腐のもちもちとした食感、味噌のコクと深み、焼き上げた野菜や魚の風味が絶妙に調和した、独特な味わいが楽しめます。また、栄養価が高く、ヘルシーな食材としても注目されています。

新潟県のご当地グルメ

イタリアン焼きそば

焼きそばにコーンや挽肉が入ったトマトソースを絡めたご当地グルメです。食べる際には粉チーズをかけて食べられることが多く、その滑らかな味わいは多くの人に愛されています。

へぎそば

新潟県魚沼地方で誕生した蕎麦で、布海苔(ふのり)を使ったそばに、へぎと呼ばれる器に盛り付けた料理です。一口大にまとめられて盛り付けられていることが多く、つゆと辛子を付けて食べられます。

のっぺ

新潟県の郷土料理で、お正月や冠婚葬祭などの場でよく食べられています。にんじんやしいたけなど季節の野菜を鶏肉などと一緒に醬油ベースで煮込んだ煮物の仲間です。全国的にある「のっぺい汁」とは違い、汁物というよりは煮物に近い料理です。

笹団子

笹団子は、米粉や小豆、砂糖などを練り合わせてつくられる団子で、笹の葉で包んで蒸した和菓子の一種です。笹団子は、日本全国で親しまれており、地方によって異なる種類があります。関東地方では、粒あんを詰めた「柏餅」と呼ばれる笹団子が有名です。笹団子は、季節感を感じる和菓子として、お茶やお土産にも人気があります。

醤油おこわ(しょうゆ赤飯)

白米を醤油や味噌、油などで炒め、赤飯のような色合いに仕上げたもので、炒めたご飯の表面にはカリカリとした食感があります。具材としては、鶏肉や野菜、干し椎茸などを加えることもあります。また、醤油おこわはおにぎりやお弁当の具としても人気があります。

富山県のご当地グルメ

富山ブラックラーメン

濃ゆめの醬油と黒コショウが特徴の黒いご当地のラーメンです。黒色のスープですが、味は意外とあっさりしており、魚の風味と濃厚な醬油の香りが楽しめます。具材には多めのねぎとチャーシューが基本で、戦後の肉体労働者の塩分補給として、醬油を濃くしたラーメンからブラックラーメンが生まれました。

氷見うどん

平たい細麺と強いこしのある食感が特徴の氷見うどん。氷見うどんの最大の特徴とも言える手延べ製法を使用してつくられており、手間がかかるため生産量も少なく「幻のうどん」とも呼ばれていました。

鱒寿司

鱒寿司とは、鮭の身を酢飯で包み、塩で漬け込んだ伝統的な日本の寿司の一種です。鮭の脂ののった身を使うことが多く、身の部分には塩や糠漬けなどをしてから寿司飯で巻いています。酸味のある寿司酢が効いた酢飯と鮭の塩味がよく合い、爽やかで食べやすい一品です。北海道や東北地方などで食べられることが多く、地域によっては鱒の代わりにサーモンを使ったり、具材にキュウリや紅ショウガを入れたりする場合もあります。

柿の葉寿司

柿の葉寿司は、日本の伝統的な寿司の一つで、主に関西地方で食べられています。酢飯に魚や海老、卵焼き、錦糸玉子、梅干しなどをのせ、柿の葉で包んで食べる寿司です。柿の葉は、独特の風味を加えるとともに、食感や色合いを楽しむことができます。また、柿の葉には、抗菌作用や消臭効果があるとされており、食材を鮮度良く保つ効果があるともいわれています。

石川県のご当地グルメ

金沢カレー

ドロッとしたルーとソースのかかったカツ、キャベツの千切りが特徴です。決まってステンレス製のお皿に盛り付けられており、多くの人がフォークで食べています。ボリューム満点で特に男性からの人気の高いご当地グルメです。

治部煮

石川県を代表する煮物で、鴨肉と季節の野菜を使っています。鴨肉には小麦粉がまぶしてあるため、とろみのある食感を楽しむことができます。甘い醬油味の汁と合わせて、わさびをつけて食べます。

ハントンライス

石川県で愛されている洋食で、オムライスの横に、白身フライやとんかつなどのフライが乗っているのが特徴です。ボリューム満点の見た目で、1品でとんかつに白身フライにオムライスと複数味わえる贅沢なご当地グルメです。

能登丼

能登のお米や肉、野菜、魚介類を使用した丼です。お店によって独自の食材を使っているため、バリエーションは豊富。能登の食の豊かさを存分に楽しむことができる贅沢な丼です。

ずいき

ずいきとは、里芋の茎の部分のことで、味が馴染みやすく煮物や和え物として使われることが多いです。見た目は鮮やかな赤色をしており、酢の物にすればシャキシャキとした食感を楽しむことができます。

ぶり大根

ぶり大根は、ぶりと大根を使った日本の郷土料理のひとつです。ぶりは脂がのっており、身が柔らかく、栄養価も高いことから、冬の味覚として親しまれています。大根は、ぶりと相性がよく、煮物などに使われることが多い野菜です。ぶり大根は、ぶりと大根を醤油や砂糖、みりんなどで煮込んで作られる料理で、ぶりの旨味が大根に染み込んでいるのが特徴です。地域によって、味付けや調理方法が異なる場合もありますが、どの地域でも親しまれている郷土料理のひとつです。

金沢おでん

加賀野菜をメインに使ったおでんで、赤いなるとのような「赤巻」や魚のすり身を蒸かした「ふかし」なども入っています。また、カニの甲羅に身を詰め込んだカニ面も入って非常に豪華なおでんです。

福井県のご当地グルメ

ボルガライス

オムライスの上にカツをのせソースをかけた洋食です。見た目からわかる通り、ボリューム満点のご当地グルメで、イタリアのボルガーナ地方の料理に似ていることから名付けられたそうです。ソースにはデミグラスソースやホワイトソースなど多岐にわたり、学校給食でも出される程人気の高い料理です。

ソースカツ丼

カツ丼でも、卵を使わないカツ丼です。甘いソースで絡めたカツが白ご飯の上にドンと乗っているのが特徴で、地域によっては千切りのキャベツが敷いてあるものもあります。

黒龍ラーメン

甘口醤油ベースの醤油ダレに、魚介と鶏ガラでとった鶏白湯スープが特徴の「黒龍(こくりゅう)ラーメン」は、福井県を代表するご当地ラーメンの一つです。極細ストレート麺と、ふっくらとした角煮、メンマ、ほうれん草、薬味に半熟味玉がトッピングされ、見た目にも美しい一杯です。

ぼっかけ汁

「ぼっかけ汁」は、主にご飯やうどんやそばなどの料理にかける、しょうゆベースの濃いめのつゆのことを指します。具材としては、ネギやかまぼこ、わかめなどがよく使われます。また、鶏ガラや昆布、かつお節などを煮出した出汁をベースに作られることが一般的です。地域によって味やつゆの濃さ、具材などが異なるため、食べ比べるのも楽しいですよ

長野県のご当地グルメ

戸隠そば

「戸隠そば」とは、長野県北信地方の戸隠地域で栽培される「ひえそば」と呼ばれるそばの実を原料にした、細い手打ちそばのことを指します。そば粉に小麦粉を混ぜずに、水だけで練った生地を細く延ばし、切って作られます。戸隠そばは、細い麺の中にもコシがあり、香りも豊かで、のど越しが良いことで知られています。戸隠地域では、昔から手打ちそばが作られ、今でも多くのそば屋があり、観光客にも人気があります。

おやき

「おやき」とは、小麦粉の皮で包んだジャガイモや野菜、肉などの具材を焼いたり蒸したりした料理です。皮は薄くもっちりとした食感が特徴で、中に詰まった具材との相性も良いです。おやきには、ジャガイモ、人参、にんじん、キャベツ、豚肉、鶏肉などの具材がよく使われます。また、地域によっては、おやきの中に味噌やチーズ、あんこなどを入れることもあります。食感や味わいが豊かで手軽に食べられるため、アウトドアなどでの食事やおやつとしても人気があります。

信州そば

「信州そば」とは、長野県を中心とした信州地方で作られるそばのことを指します。信州そばは、一般的には太めの麺で、中にもコシがあり、つるつるとした食感が特徴です。また、そばつゆには、鰹節や昆布、干ししいたけなどを煮出して作られた濃厚で風味豊かなつゆが用いられます。信州地方には、そば処が多くあり、地元の素材を使ったおいしいそばを楽しむことができます。また、信州地方は冬季には積雪が多いため、暖かいそばが身体を温めるために食べられることも多いです。

牛乳パン

「牛乳パン」とは、小麦粉、砂糖、卵、イースト、そして牛乳を主原料としたパンのことを指します。牛乳パンは、牛乳を多めに使うことでしっとりとした食感があり、ほんのりとした甘さが特徴です。また、牛乳の脂肪分によって、パンにコクや風味を与える効果もあります。牛乳パンには、シンプルなものから、チョコレートチップやレーズン、クリームチーズなどの具材を入れたものまで様々な種類があります。牛乳パンは、食事のパンとしてだけでなく、朝食やおやつなど様々な場面で楽しまれる人気のあるパンです。

野沢菜づけ

「野沢菜づけ」とは、長野県北部の野沢温泉周辺で栽培される「野沢菜」と呼ばれる野菜を、塩漬けにして漬けた漬物のことを指します。野沢菜は、青梗菜に似た見た目をしており、塩漬けにすることで独特の風味が引き立ちます。野沢菜づけは、塩漬けにした野沢菜に唐辛子やしょうが、にんにくなどの香辛料を加えて漬け込み、酸味や辛味を調整したものが一般的です。また、野沢温泉周辺では、野沢菜づけを使った料理も多く、地元の味覚として親しまれています。

山賊焼き

「山賊焼き」とは、鶏肉や豚肉などの肉を、醤油やみりん、砂糖などで味付けした上で焼いた料理で、山賊が山中で獲物を焼いたという伝承から名付けられました。具材には、鶏肉や豚肉のほか、しいたけやピーマン、タマネギなどが使われ、具材に味がしみ込み、甘辛くて香ばしい味わいが特徴です。また、山賊焼きは、一口サイズに切って皮目を下にして網で焼くという方法が一般的で、肉汁がたっぷりと残り、ジューシーな仕上がりになります。山賊焼きは、居酒屋のメニューとしても人気があり、日本酒やビールとの相性も良いです。

岐阜県のご当地グルメ

ほおばみそ

「ほおばみそ」とは、長野県下伊那郡に伝わる郷土料理の一つで、こんにゃくを煮込んだ料理に味噌を加えたものです。こんにゃくは、大根のような形をした野菜で、独特の食感があります。ほおばみそは、こんにゃくを小さく切ってから煮込み、最後に味噌を加えることで、甘みとコクのある味わいに仕上げられます。また、具材として、油揚げや豚肉、野菜などを加えることもあります。ほおばみそは、長野県下伊那郡の民家料理として受け継がれており、地元の人たちに親しまれています。

ぼたん鍋

「ぼたん鍋」とは、山形県や宮城県、福島県などで食べられている郷土料理の一つで、鮎の一種である「ぼたん鮎」を主な具材として使用した鍋料理です。ぼたん鮎は、春に山形県内の清流で水揚げされる鮎で、他の鮎と比べて小ぶりで柔らかい食感が特徴です。

ぼたん鍋は、具材としてぼたん鮎のほか、野菜や豆腐、こんにゃく、春菊などが入れられ、味付けには醤油やみりん、酒、だし汁などが用いられます。具材を鍋に入れて煮込む際に、鮎の旨味が野菜や豆腐にも移り、美味しいスープができあがります。また、ぼたん鮎は小骨が多いので、鍋に入れた状態で煮ると骨がとれやすく、食べやすくなります。ぼたん鍋は、地元の旬の味覚を楽しめる料理として、地域の人々や観光客に親しまれています。

高山ラーメン

「高山ラーメン」とは、岐阜県高山市周辺で食べられているご当地ラーメンの一種で、豚骨スープに細麺を合わせたシンプルなラーメンです。

高山ラーメンの特徴は、豚骨スープが非常に濃厚で、コクがあります。一般的な豚骨スープよりもとろみがあり、口当たりも非常になめらかです。麺は、細麺でコシがあるものが使われます。また、具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、味玉などが一般的です。

高山ラーメンは、高山市周辺のラーメン店で食べることができます。岐阜県内外から多くの観光客が訪れ、その美味しさを楽しんでいます。

山梨県のご当地グルメ

ほうとう

「ほうとう」とは、日本の伝統的な郷土料理の一つで、主に山梨県や静岡県などで食べられています。小麦粉を練って作った麺と、野菜や豆腐、山菜、肉などをたっぷりと入れた、具だくさんの鍋料理です。

ほうとうの麺は、手打ちで作られた太い麺で、小麦粉を練って切り、そのまま鍋に入れて煮込むのが一般的です。具材は、カボチャ、キャベツ、ほうれん草、にんじん、豆腐、こんにゃく、山菜、豚肉などが使われます。味付けは、醤油やみりん、味噌、塩などが用いられ、地域によって異なる味が楽しめます。

ほうとうは、山梨県では「富士山麓のほうとう」として知られ、その歴史は古く、江戸時代には既に食べられていたとされています。また、静岡県では「なべほうとう」として親しまれ、熱海市や伊豆半島周辺で食べることができます。ほうとうは、地域の旬の食材をたっぷりと使った具だくさんの鍋料理で、地元の人々や観光客に愛されています。

甲州ワインビーフ

「甲州ワインビーフ」とは、山梨県産のブドウ品種「甲州」の果汁を飼料に加えた和牛を指すブランド牛肉です。甲州ワインビーフは、赤身が多く、甘味とコクのある味わいが特徴で、とても柔らかくジューシーな肉質が魅力です。

この牛肉は、肉質に加えて、和牛の健康管理にもこだわっており、飼料には、ワイン酵母や発酵豆腐、バナナなどを使い、体調管理や肉質の改善に努めています。また、甲州ワインの生産でも有名な山梨県で、ワインと牛肉のマリアージュを楽しむことができます。

甲州ワインビーフは、山梨県内の飲食店や直営店、オンラインでも販売されており、全国的にも知名度が高く、高級食材として愛されています。

おざら

「おざら」とは、山梨県で伝統的に食べられている郷土料理の一つです。主に、地元のお祭りや行事の際に提供され、地域の人々に愛されています。

おざらは、小麦粉と卵、水、塩を混ぜて作った生地をフライパンで焼き、その上に大根おろしや刻んだネギ、刻み海苔、かつお節、鰹節などをトッピングして食べる料理です。おざらの生地は、薄く広がるように焼き、モチモチとした食感が特徴です。トッピングは、地域によって異なり、地元の食材や味付けが加えられることもあります。

また、おざらは、食感や味わいが軽く、さっぱりとしているため、暑い季節には特に人気があります。また、お祭りやイベントなどの屋台で提供されることも多く、地元の風物詩として親しまれています。

静岡県のご当地グルメ

由比の桜エビ

「由比の桜エビ」とは、神奈川県三浦半島沿岸の海で獲れる、小型でピンク色がかった色合いが美しいエビのことを指します。

由比の桜エビは、春から初夏にかけて水温が上がる時期に旬を迎えます。身は小さく、味は甘く、プリプリとした食感が特徴です。その美しい色合いから、食卓を彩る食材としても人気があります。

また、由比の桜エビは、天然ものが多く、漁獲量が少ないため、希少価値が高く、高級食材として扱われることもあります。主に、茹でたり、煮たり、焼いたりする料理に使われ、地元の料理店や食品メーカーからも多くの商品が販売されています。

牡蠣カバ丼

牡蠣カバ丼は、ご飯の上に新鮮な牡蠣と、カバブシ(小エビ)を乗せ、薬味やたれをかけて食べる料理です。カバブシは、静岡県で獲れる小型の海老で、甘みがあり、香りが良いことが特徴です。

牡蠣カバ丼のたれは、醤油やみりん、砂糖、酢、だし汁などで作られ、甘みと酸味が絶妙なバランスで調和しています。また、生姜やわさび、青ネギなどの薬味を加えることで、爽やかな風味が加わります。

焼津市周辺には、牡蠣やカバブシが豊富に獲れるため、地元の漁師や飲食店が作り出した独自の料理として広まりました。特に、冬季には牡蠣が旬を迎えるため、この時期には多くの人々が訪れ、牡蠣カバ丼を楽しむことができます。

静岡おでん

静岡おでんは、豆腐や大根、こんにゃく、ちくわなどを、さつま揚げ(切り込みを入れた揚げ物)でくるみ、薄口醤油で煮込んだ、シンプルであっさりとした味わいが特徴です。また、煮汁には鰹節や昆布、かつお節などを使用し、だしの風味が豊かな仕上がりとなっています。

静岡おでんには、薬味としてからしや生姜、わさび、青ネギを添えるのが一般的で、これらを加えることで、より一層おいしさを楽しむことができます。

静岡おでんは、静岡県内のコンビニエンスストアやスーパーマーケットでも販売されており、手軽に味わうことができます。また、静岡市内には「ほたる横丁」と呼ばれるおでん専門店の集まるエリアがあり、静岡おでんをはじめ、さまざまな種類のおでんを味わうことができます。

浜松餃子

浜松餃子は、肉の旨みがたっぷり詰まった具材を、薄くのばした皮で包んで焼き上げたもので、小麦粉を使用した弾力のある皮と、しっかりした味わいが特徴です。また、餡の具材には、キャベツやニラなどの野菜がたっぷり入っており、さっぱりとした味わいも楽しむことができます。

浜松餃子のたれは、醤油や酢、にんにくなどで作られ、辛味や酸味があり、餃子の味を引き立てる役割を果たします。

浜松市内には、多くの餃子店があり、それぞれに独自の味を持った浜松餃子が提供されています。また、浜松餃子は、日本全国で知られる人気の餃子ブランドとしても知られており、全国的にも浜松市内の餃子店から取り寄せることができます。

みしまころっけ

みしまころっけは、もち米粉や砂糖、小麦粉などを混ぜて作られ、丸めて焼き上げたものです。外側はサクッとした食感で、中はもちもちとした食感があり、甘みが強く、ほどよいコクがあります。また、砂糖や小豆などの甘みのある材料を混ぜたバリエーションもあり、味のバリエーションが豊富です。

みしまころっけは、三島市内の和菓子店やスーパーマーケットなどで購入することができます。また、三島市の観光地でもある大室山に登ると、山頂にあるお土産店でみしまころっけを購入することもできます。

沼津バーガー

沼津バーガーは、地元で獲れる新鮮な魚介類や野菜などを使った具材を挟んだハンバーガーで、特にマグロやカツオの漁港である沼津港で獲れた魚介類を使ったものが人気です。また、地元で栽培される野菜や、特産品であるわさびを使用したソースなども加えられ、沼津ならではの味わいを楽しむことができます。

沼津市内には、多くのハンバーガー店があり、それぞれ独自の沼津バーガーが提供されています。また、沼津港近くのレストランなどでも沼津バーガーを食べることができます。沼津バーガーは、地元の食材を使ったヘルシーで美味しい食べ物として、静岡県内だけでなく全国的にも知られています。

富士宮やきそば

富士宮やきそばは、太めの中華麺を豚肉、キャベツ、もやし、ニラ、シイタケなどの野菜、そして甘めのタレで炒めたもので、麺はもちもちとした食感があり、野菜との相性も良く、甘辛いタレの味わいがクセになる一品です。

富士宮市内には、多くのやきそば店があり、それぞれ独自の味を提供しています。また、静岡県内でも富士宮やきそばは有名で、富士山登山の拠点として賑わう富士宮口や富士宮市内の道の駅などでも食べることができます。

富士宮やきそばは、地元の人々から愛され、静岡県を代表する郷土料理の一つとして知られています。

愛知県のご当地グルメ

味噌煮込みうどん

味噌煮込みうどんの味噌ダレは、赤味噌をベースに、砂糖やみりん、酒、醤油などを加えて作ります。この味噌ダレに、うどんと一緒に白菜、にんじん、豚肉などの具材を加えて煮込み、トッピングにはネギや揚げ玉、紅しょうがを加えることが一般的です。

岐阜県の郷土料理として知られ、名古屋を中心に多くの飲食店で提供されています。また、岐阜県内では、味噌煮込みうどんの食べ歩きイベントも開催されており、地元の人々や観光客に人気のあるグルメとなっています。

台湾ラーメン

「台湾ラーメン」とは、日本のご当地ラーメンの一種でありながら、台湾発祥の麺料理「担々麺(タンタンメン)」の影響を受けた料理です。

台湾ラーメンの特徴は、スープにピリッと辛い味付けがされていることで、赤い色合いをしています。豚骨や鶏ガラベースのスープに、香辛料や唐辛子、ニンニク、ショウガ、砂糖などを加えて煮込んだもので、辛さと旨みが共存しています。

麺は中太のストレート麺を使用し、タレにからめてからスープと一緒に食べることが多いです。具材は、豚肉、キクラゲ、もやし、ネギ、コーンなどが一般的で、辛さに合わせて酸味や甘味が加えられることもあります。

台湾ラーメンは、主に関東地方で人気があり、多くのラーメン店で提供されています。また、台湾の担々麺と比較するとスープが濃厚で、具材も豊富なのが特徴です。

どて煮

「どて煮(どてに)」は、長野県の郷土料理で、豚肉や野菜などを醤油やみりん、砂糖などで煮込んだ料理です。

「どて」とは豚足のことを指し、主に豚足や豚肉、こんにゃく、大根、人参などを使い、一度に煮込んで調味料で味付けしたものを指します。長時間煮込むことで、豚足や野菜のうまみが引き出され、とろりとした煮汁ができます。煮汁には、醤油、みりん、砂糖、酒、昆布、かつお節などが使われ、独特のコクや深い味わいが特徴です。

どて煮は、地域によって作り方や材料が異なります。長野県の諏訪地方では、豚足と豚肉を使い、煮込む時間も長めにすることが特徴です。また、松本地方ではこんにゃくを加えることが多く、豚足とこんにゃくを同時に味わうことができます。

どて煮は、冬に食べる温かい料理で、ご飯のおかずやおつまみとして楽しまれています。また、煮汁に含まれるコラーゲンが豊富なため、美容や健康にも良いとされています。

味噌カツ

「味噌カツ」とは、豚肉を味噌で味付けし、揚げた料理のことを指します。主に岐阜県飛騨地方が発祥とされ、今では日本全国で食べられるようになりました。

味噌カツは、豚肉を厚く切って、味噌に漬け込んでからパン粉をまぶして揚げるのが一般的な調理法です。味噌の甘みと旨みが豚肉に染み込んで、香ばしく揚げたパン粉との相性が良く、食べ応えもあります。岐阜県飛騨地方では、味噌カツ専門の店や、定食屋でメニューに加わっていることが多く、地元の人たちからも親しまれています。

また、味噌カツは栄養価が高く、豚肉に含まれるたんぱく質やビタミンB群、ミネラルなどが豊富です。ただし、揚げ物のため油分が多くカロリーが高いため、食べ過ぎには注意が必要です。

スタミナラーメン

「スタミナラーメン」とは、豚骨ベースのスープに、ニンニクや唐辛子、豚肉やもやしなどの具材をたっぷりと乗せた、力強い味わいが特徴のご当地ラーメンです。

スタミナラーメンのスープは、豚骨を長時間煮込んだものに、ニンニク、醤油、味噌、煮干しなどを加えて深い味わいに仕上げます。スープのコクとニンニクの香りが相まって、食欲をそそります。具材には、豚肉やもやし、キャベツ、にんにくの芽、味付け卵などが使われます。また、唐辛子やラー油をかけて辛さを調節することもできます。

スタミナラーメンは、食欲が落ちているときや疲れたときに食べると、体力を回復する効果が期待できます。一方で、ニンニクの強い香りが苦手な人や辛さに弱い人には、食べにくいかもしれません。また、スタミナラーメンは、豚骨ベースのためカロリーが高く、食べ過ぎには注意が必要です。

水戸納豆

「水戸納豆」とは、茨城県水戸市で生産されている納豆のことを指します。水戸納豆は、独特の強いにおいと味わいが特徴で、納豆好きな人たちからも人気があります。

水戸納豆は、大豆と納豆菌を発酵させたもので、黒っぽい表面に細かい泡が付いています。一般的な納豆と比べて、納豆菌の種類や発酵方法が異なるため、風味や味わいが独特です。

水戸納豆は、ご飯に混ぜて食べたり、醤油やからしを加えて味を調えたりするのが一般的な食べ方です。また、水戸納豆を使った料理として、「水戸納豆うどん」や「水戸納豆巻き」などがあります。

茨城県水戸市は、水戸納豆の産地として知られており、水戸市内には納豆メーカーが多数存在しています。

干し芋

茨城県の干し芋は、県内各地で生産されています。特に、茨城県北部の地域で生産される「筑波山干し芋」は、非常に有名です。

筑波山干し芋は、筑波山のふもとにある笠間市やつくば市、牛久市などの地域で生産されています。この地域は、寒暖の差が激しい気候で、夏は暑く冬は寒いという条件が干し芋に適した環境とされています。

筑波山干し芋は、さつまいもを切って干し、その後、蒸してから煮詰めることで甘くなるように調理されます。独特の粘り気があり、ねっとりとした食感が特徴で、濃厚な甘さがあります。また、筑波山干し芋は保存性が高く、長期間保存することができます。

宇都宮餃子

宇都宮餃子の歴史は古く、江戸時代から存在していたと言われています。しかし、現在の宇都宮餃子の形状や味わいが確立されたのは、昭和30年代頃からだとされています。

宇都宮餃子は、栃木県宇都宮市が発祥とされる餃子の一種です。一般的な餃子とは異なり、豚肉を主原料とした肉汁たっぷりの餃子が特徴的です。

宇都宮餃子の特徴は、皮が厚めで中にはたっぷりと肉汁が詰まっていることです。また、餃子の皮に小麦粉と卵黄を混ぜた特製の生地を使用することが多く、この生地が餃子の風味を引き立たせます。

宇都宮市内には多くの餃子店があり、そのほとんどが昭和30年代から続く老舗店です。近年では、宇都宮餃子の名を冠したイベントやフェスティバルも開催され、全国的に知られるグルメとなっています。

栃木県のご当地グルメ

佐野ラーメン

佐野ラーメンは、栃木県佐野市を中心に広く親しまれているご当地ラーメンの一種です。豚骨ベースのスープに、中太麺とチャーシュー、メンマ、刻みネギなどをトッピングしたシンプルな構成が特徴的です。

佐野ラーメンは、昭和30年代に佐野市で誕生したと言われています。元々は、製麺業を営んでいた人が、自家製麺とスープを組み合わせて提供したのが始まりとされています。その後、周辺のラーメン店にも広がっていき、現在では栃木県内外に多くの佐野ラーメン店が存在しています。

佐野ラーメンのスープは、豚骨をベースにした濃厚な味わいが特徴です。一般的には、豚骨スープに鶏ガラや野菜などを加えて煮込みます。中太麺は、もちもちとした食感があり、スープとの相性が良く、食べ応えもあります。トッピングのチャーシューは柔らかく、甘辛い味わいが特徴的で、メンマや刻みネギなどの具材もシンプルでバランスが良く、一杯で満足感を得られる人気のラーメンです。

けんちん汁

けんちん汁は、野菜をたっぷりと使った和風の汁物です。主に大根、人参、こんにゃく、椎茸、鶏肉、豚肉などの食材を、だし汁に煮込んで作られます。

元々は、江戸時代に庶民の食卓に登場したと言われており、野菜たっぷりでヘルシーな料理として、今も愛され続けています。

具材は、あらかじめ下茹でしておくことで、食感が残り、汁とよく合います。また、だし汁には、昆布やかつお節を使った和風のものが一般的ですが、鶏ガラや豚骨をベースにしたものもあります。

食べる際には、一般的にはラーメンのように麺を入れたり、温かいご飯を添えたりすることもあります。野菜がたっぷり入っているため、栄養価が高く、ダイエット中の人にもおすすめの汁物です。

しもつかれ

しもつかれは、主にごぼう、にんじん、こんにゃく、椎茸、鶏肉、豚肉、白菜、長ネギ、油揚げなどで、これらを醤油と味噌で味付けし、だし汁で煮込んだ汁物です

しもつかれの特徴は、その具材の種類や量にあります。野菜をたっぷりと使用し、身体を温める効果があるとされています。また、具材を食べ終わった後に残った汁に、うどんやそばを入れて煮込んで食べることもあります。

しもつかれは、茨城県南部地方の家庭料理として広く親しまれており、地元の祭りやイベントでも提供されることがあります。身体を温める効果があるため、寒い季節に食べると身体が温まり、元気を取り戻すことができます。

群馬県のご当地グルメ

水沢うどん

水沢うどんは、細く切られた麺が特徴で、手延べ製法で作られています。うどんの生地には、小麦粉と水を使い、麺にコシと弾力を出すために、比較的しっかりとした生地を作ります。

また、水沢うどんは、豚骨や鶏がらなどをベースにしたあっさりとしたスープが特徴で、野菜や豚肉、卵、きくらげ、ネギなどの具材がたっぷりと入っています。水沢市内には、多くのうどん店があり、それぞれ独自の味付けがされています。

水沢うどんは、非常にコシがある麺とあっさりとしたスープが特徴で、食べ応えがありながらも食べやすく、ヘルシーなうどんとして親しまれています。岩手県内だけでなく、全国的にも知られるようになっており、多くの観光客にも愛されています。

焼きまんじゅう

焼きまんじゅうは、まんじゅう生地にあんこを包んで丸めた後、平たくして表面を軽く焼き、その後オーブンでじっくりと焼き上げます。軽く焼くことで、まんじゅうの表面にカリッとした食感が生まれ、オーブンでじっくり焼くことで、まんじゅうの中までしっかりと火を通すことができます。

焼きまんじゅうの具材としては、あんこ以外にも、クリームやチーズ、ジャム、野菜などを使ったバリエーションもあります。また、季節限定の味や、地域によって異なる味も楽しめます。

焼きまんじゅうは、手軽に食べられるスイーツであり、カロリーも控えめなので、おやつや軽食として人気があります。

おきりこみ

おきりこみうどんのスープは、かつお節と昆布をベースに鰹節や鶏ガラ、野菜などを煮込んで作られます。甘めの味付けが多く、濃厚なコクがあります。うどんは太麺で、独特の食感があります。油揚げを入れることで、スープの味がうどんの中に染み込み、食べ応えがアップします。

また、おきりこみうどんには、長ネギや刻み海苔、天かすなどをトッピングすることが一般的です。滋賀県には、おきりこみうどんを専門に扱うお店が多くあり、地元民に愛されています。

ひもかわうどん

ひもかわとは、うどんの麺を細く切っているときに生じる細長い切れ端のことを指します。通常のうどんよりも細い麺で、ツルッとした食感が特徴です。讃岐うどんと同様に、もちもちとした食感と濃厚なダシが特徴で、野菜や肉、海鮮などをトッピングして食べることが一般的です。

高崎ラーメン

高崎ラーメンは、群馬県高崎市を中心に食べられているご当地ラーメンの一つです。醤油ベースのスープに、細麺、チャーシュー、メンマ、ネギなどのトッピングが乗ったシンプルなラーメンです。

高崎ラーメンの特徴は、麺の細さとコシがあり、鶏がらや豚骨をベースにしたあっさりとした醤油スープが絶妙なバランスでマッチしていることです。トッピングのチャーシューは、薄切りにされて柔らかく煮込まれ、独特の甘みがあります。

埼玉県のご当地グルメ

秩父蕎麦

秩父蕎麦は、埼玉県秩父市周辺で生産される蕎麦のことを指します。秩父地方は、涼しい気候や澄んだ水が豊富なため、蕎麦作りに適した地域として知られています。

秩父蕎麦は、独特の風味や味わいがあり、細くてやや短い形状が特徴的です。蕎麦粉には、秩父地方で採れる特別な種類の蕎麦を使い、手打ちにこだわって作られています。

秩父蕎麦は、天ぷらや温かい汁物と一緒に食べることが多く、秩父地方の名物料理として親しまれています。また、そば湯に蕎麦湯を加えて飲む「蕎麦湯割り」も秩父地方の人々に愛されています。

秩父蕎麦は、地元の農家や蕎麦屋で味わうことができます。また、秩父地方では、毎年11月に「秩父蕎麦祭り」が開催され、秩父蕎麦を楽しむことができます。

東京都のご当地グルメ

月島もんじゃ

月島もんじゃは、東京都中央区月島地区で生まれた郷土料理の一つです。小麦粉、水、卵を混ぜて作った生地に、キャベツ、豚肉、イカ、エビ、モッツァレラチーズなどの具材を加え、鉄板の上で焼き上げるものです。食べ方は、箸で具材と生地を混ぜ合わせて、口に運ぶというもので、うどんやそばのように食べることもできます。

月島もんじゃは、戦後、市民の生活水準が上がり、食材の豊富な月島地区で開発された料理とされています。当初は、食材の不足から、小麦粉の生地に野菜や小魚を混ぜて焼いた「もんじゃ焼き」という料理が発祥したとされていますが、その後、豚肉や海産物などの具材が加わり、月島もんじゃが誕生したとされています。

月島もんじゃは、柔らかい生地とたっぷりの具材が特徴的で、濃厚なダシをかけて食べることもあります。また、自分好みの具材を選んで焼くことができるため、子供から大人まで楽しめる料理として親しまれています。

八王子ラーメン

八王子ラーメンは、東京都八王子市を中心に食べられているご当地ラーメンの一種です。特徴的なスープは、豚骨と鶏ガラをベースにしたあっさりとした味わいで、細麺との相性が良く、食べやすいとされています。具材には、チャーシューやメンマ、ネギなどが使われます。八王子ラーメンは、昭和30年代に誕生し、その後、多くのラーメン店が展開するようになりました。

江戸前寿司

江戸前寿司は、江戸時代に東京(当時は江戸)で生まれた寿司の一種です。江戸前寿司は、素材の鮮度を重視し、握り寿司の形態で提供されます。江戸前寿司の特徴は、酢飯に加えられる酢の種類や割合が他の地域の寿司と異なっており、それぞれの店舗で独自の酢の味付けをしています。また、江戸前寿司は、ネタとシャリのバランスが非常に大切で、素材本来の味わいを引き立たせるために、シャリの量を少なめにする傾向があります。江戸前寿司は、今もなお、日本全国でも高い人気を誇っています。

千葉県のご当地グルメ

太巻ずし

太巻き寿司は、日本の伝統的な寿司の一種で、具材を巻いた大きな巻き寿司のことを指します。具材には、刺身や焼き魚、卵焼き、キュウリ、アボカド、いくら、マヨネーズなどが使用されます。太巻き寿司は、イベントやパーティーなどで大量に作られることがあり、手巻き寿司のように自分で具材を巻いて食べることができます。また、一般的には、寿司屋などで提供されることが多く、美しい見た目と豊富な具材が特徴です。

なめろう

なめろうは、日本の郷土料理の一つで、鮭の生の身を細かくほぐしたものに、味噌や醤油、ごま油、みじん切りにしたたまねぎや生姜などを加えて混ぜた料理です。主に東北地方や北海道で食べられており、漁師などが自分たちで捕った新鮮な鮭を利用して作られることが多いです。なめろうは、鮭の旨みや食感を生かした、風味豊かな味わいが特徴で、ご飯の上にのせたり、お酒のつまみとして楽しまれます。また、栄養価も高く、鮭に含まれるDHAやEPA、タンパク質、ビタミン類などを多く摂取できる料理としても知られています。

ぼたん鍋

ぼたん鍋は、滋賀県を中心に食べられている郷土料理の一つで、特に彦根市で有名です。主に冬季に食べられる温かい鍋料理で、水菜や春菊、豆腐、こんにゃく、里芋、鶏肉、鮭、ホタテ、えびなどの食材を、出汁と味噌で煮込んで作ります。その名の由来は、ぼたん鍋の野菜の色や形が、ぼたんの花に似ているためとされています。味噌と出汁のコクと、野菜や魚介類の旨味が相まって、深い味わいが楽しめます。また、栄養価も高く、身体を温める効果があるため、冬の寒い時期にぴったりの料理とされています。

神奈川県のご当地グルメ

けんちん汁

けんちん汁は、野菜や肉、魚介類などをダシで煮込み、麺を加えた和風のスープ料理です。野菜と鶏肉、干しエビ、豚肉、竹の子などの具材が入っており、栄養価が高く、身体を温める効果があるため、冬季に人気のある料理です。また、お正月には、汁粉やお雑煮と一緒に食べられることもあります。由来は中国の「金銭汁(けんせんじる)」という料理で、福建省や広東省などで食べられていたそうです。江戸時代に日本に伝わり、各地で独自のアレンジが加えられ、地方色豊かなけんちん汁が生まれました。

サンマーメン

サンマーメンは神奈川県のご当地麺グルメです。横浜市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市など、湘南地域を中心に食べられています。麺は中太の縮れ麺で、スープは鰹や煮干しをベースにしたあっさりとした味わいが特徴で、トッピングにはサンマの開きや海苔、ネギ、生姜などが使われます。サンマーメンは夏に食べることが多く、爽やかな味わいが暑い夏にぴったりです。

生シラス丼

生シラス丼は、シラスを新鮮なまま丼に乗せて食べる料理です。シラスは小魚の一種で、脂が乗っていて風味豊かな味わいが特徴です。丼には、シラスの他に紅ショウガ、青ネギ、醤油やポン酢などの調味料が添えられていることが多く、シンプルながらもうま味がしっかりと詰まっています。また、地元の人たちは、丼に入っているシラスの種類や産地によって味わいや食べ方が異なると言われています。

滋賀県のご当地グルメ

鮒ずし

鮒ずしとは、富山県を中心に食べられている郷土料理の一つで、鮒の寿司です。鮒は、富山湾やその周辺の清流で獲れる魚で、鮒ずしは、その鮒を塩漬けしてから、酢飯と一緒に漬け込んで作ります。鮒の身は酸っぱくなりすぎないように、塩分を加減しながら漬け込まれ、一般的には白飯に載せて食べます。鮒の種類によって味が異なり、また、作り方も地域によって異なる場合があります。

じゅんじゅん

「じゅんじゅん」とは、滋賀県栗東市にある料理の一つで、蓮根を細かく刻んでから煮込んだものに、小麦粉を加えて餅状にしたものを加え、鶏肉や野菜とともに煮込んだ料理です。栗東市が「じゅんじゅんの里」として知られるように、地元の名物として親しまれています。具材の組み合わせや煮込み方にはさまざまなバリエーションがあるため、食べる店によって味わいが異なることも特徴の一つです。

近江ちゃんぽん

長崎のちゃんぽんとは異なり、小鍋で煮込んで作るのが特徴の近江ちゃんぽんは、肉や野菜を最初から煮込んでおり、出汁にも肉などの旨味が広がっています。また、油を使用せずに野菜を摂取することができるため、非常にヘルシーなご当地グルメです。

赤こんにゃく

通常のこんにゃくと違い、色が赤く、食感も柔らかくなっています。こんにゃく芋を薄くスライスし、赤く染めたものを水に戻し、塩や味噌で味付けした煮物や炒め物などに使われます。

三重県のご当地グルメ

伊勢うどん

伊勢うどんは、三重県の伊勢市周辺で食べられている郷土料理です。麺は太く、コシがあります。つるりとした食感が特徴で、出汁と一緒に味わうことが多いです。伊勢うどんの出汁は、昆布や鰹節、煮干しなどを使用して、深い味わいに仕上げられます。具材には、天かすやわかめ、かまぼこ、青ネギなどが使われます。また、地元では、伊勢海老をトッピングした贅沢なうどんも楽しむことができます。

赤福

赤福は、三重県伊勢市で製造されている和菓子の一つで、もち米を原料として餡を包んだ餅菓子です。表面には練りきりや砂糖をまぶしてあり、中にはあんこが入っています。伊勢神宮の参拝者には欠かせないお土産としても知られています。また、三重県を代表する和菓子として全国的にも有名です。

手ごね寿司

手ごね寿司(てごねずし)は、具材を手で混ぜ合わせ、手で握った寿司のことを指します。一般的な回転寿司のような機械を使わず、寿司職人が手作業で作り上げます。手ごね寿司は、お寿司屋さんで提供されることが多く、地域によって異なる具材や調理方法があります。手ごね寿司は、素材の旨みや食感を大切にした、職人の技術が光る逸品です。

京都府のご当地グルメ

抹茶スイーツ

京都の抹茶スイーツには、抹茶を使った様々なお菓子があります。代表的なものとしては、抹茶餅、抹茶大福、抹茶生八つ橋、抹茶ババロア、抹茶アイスクリーム、抹茶ショートケーキなどがあります。また、抹茶と和菓子のコラボレーションとして、抹茶を練りこんだ生地で包んだあんころ餅や、抹茶の風味を活かした和風パフェなども人気です。抹茶の苦味と香りが特徴的なお菓子たちで、京都ならではの味覚文化の一つとして愛されています。

京漬物

京漬物は、京都府で古くから作られている漬物のことを指します。京都の風土や気候に合わせて、様々な野菜や果物を使って作られます。代表的な京漬物としては、京漬物の代表格である「きゅうりの浅漬け」や、「しば漬け」、「菜の花漬け」、「紫蘇の実漬け」、「ゆず皮漬け」、「柿の葉すし」などがあります。京都の伝統的な懐石料理や京料理には、必ずと言っていいほど京漬物が添えられることもあるほど、京都の食文化に欠かせない存在です。

湯豆腐

湯豆腐は、豆腐をお湯で温めただけの料理で、豆腐本来の旨味を楽しめる清涼感のある一品です。一般的に、豆腐を湯通しして、出汁や醤油、みりん、酒などで作ったつゆで食べます。地域によっては、葱やわさび、柚子胡椒などを添えて食べることもあります。また、具材として、わかめやしいたけ、大根などが入ることもあります。豆腐自体が低カロリーであり、身体にも優しい食材であるため、ダイエット中の方にもおすすめです。

松阪牛

松阪牛は、三重県松阪市で生産される高級和牛の一種で、肉質が柔らかく、霜降りが美しいことで知られています。松阪牛の生産には、良質な飼料と管理、肉質向上に向けた適正な屠畜技術などが必要とされ、生産量が限られているため高価な価格帯となっています。特に、最高級ランクの「松阪牛A5」は、日本国内だけでなく世界中で高い評価を受けています。松阪牛は、ステーキやすき焼きなど様々な料理に使われることがあります。

奈良県のご当地グルメ

にゅうめん

にゅうめんは、小麦粉、塩、水を混ぜた麺を、鍋で湯がいて、氷水でしめた後に、器に盛って、つゆをかけて食べます。つゆは、醤油やみりん、だし汁などで作られ、薬味としてネギや大根おろしなどを加えて食べることが一般的です。にゅうめんの麺は、細く切ってあるため、箸で食べることができ、冷たいつゆと一緒に食べることで、夏場にも食べやすい料理として知られています。

いもぼた

いもぼたは、さつまいもを蒸してからすりつぶし、小麦粉や卵、砂糖などを加えて混ぜ合わせ、油で揚げた郷土料理です。主に九州地方で親しまれており、甘さとしっとりとした食感が特徴です。また、さつまいもの代わりに里芋や芋類を使ったバリエーションもあります。

サンマ寿司

サンマ寿司は、秋に旬を迎えるサンマをネタにした寿司の一種です。サンマは日本の代表的な魚の一つで、脂が乗っていて味が濃く、寿司ネタとしても人気があります。サンマ寿司は、サンマを薄く切って酢飯の上に載せ、わさびやしょうがを添えて食べるのが一般的です。また、地域によっては、サンマを塩焼きにしてから酢飯に乗せたり、サンマの脂を利用した特製のタレをかけたりするバリエーションもあります。

兵庫県のご当地グルメ

たこめし(ひっぱりだこ飯)

タコを使った郷土料理である「だこ飯」と、鯛やイカなどの魚介類を使った郷土料理「ひっぱり寿司」を組み合わせたものが、ひっぱりだこ飯です。

具体的には、米にタコや魚介類、野菜を加え、調味料で味付けしたものを、卵で包んで焼いたり、器に盛って食べる料理です。ひっぱり寿司と同じく、切り込みを入れた食材を、米と一緒に食べることが特徴的です。

明石焼き

明石焼きは、兵庫県明石市を中心に食べられている郷土料理の一つです。鉄板の上に生地を流し入れて、ダシを注ぎ、イカやタコ、エビ、ネギなどの具材を加え、焼きあがったら、ソースやマヨネーズ、青のりなどをトッピングして食べます。小麦粉とだしの風味が効いた、もちもちとした食感が特徴で、一口サイズの可愛らしい見た目も人気です。

神戸牛ステーキ

神戸牛ステーキは、兵庫県神戸市周辺で生産される高級牛肉のステーキ料理です。神戸牛は、日本国内外で高い評価を受けるブランド牛肉で、柔らかく上質な肉質が特徴です。ステーキ以外にも、神戸牛を使ったしゃぶしゃぶやすき焼き、ハンバーグなど様々な料理があります。

姫路おでん

姫路おでんは、鶏肉や豚肉、こんにゃく、大根、卵などを甘辛い味噌で煮込んだ料理です。具材は大きめに切られていて、見た目も食欲をそそります。また、姫路おでんの特徴的な点は、つゆに鶏ガラを使用していることです。澄んだつゆに、コクのある鶏ガラの風味が加わり、より深い味わいを楽しむことができます。

ぼたん鍋

「ぼたん鍋」は、白と赤の合わせみそをベースにしただし汁に猪肉と季節の野菜を入れて煮る鍋料理です。冬場や正月などの来客時におもてなし料理として出されることが多く、好みで粉山椒をふりかけて食べることもあります。猪肉は部位によって味が異なるため、好みによって使用する部位を分けて作られます。

いかなごのくぎ煮

いかなごはヒメイワシ科に属する小型の魚で、煮物や干物、またくぎ煮など様々な料理に利用されます。くぎ煮とは、魚を甘辛いタレで煮込んだもので、いかなごのくぎ煮は醤油や砂糖、酒、みりんなどで煮込んだ甘辛い味が特徴です。春先に獲れるいかなごを使用し、ご飯のおかずや酒の肴として楽しまれています。

大阪府のご当地グルメ

どて焼き

どて焼きは、大阪を代表する鉄板焼きの一種で、豚肉やホルモン、キャベツ、ニンジン、ネギなどを鉄板で焼き上げた料理です。特に、大阪の道頓堀エリアや新世界エリアなどで食べることができます。また、どて焼きは、大阪を代表する「たこ焼き」、「お好み焼き」、「焼きそば」と並ぶ、大阪のソウルフードの一つとしても知られています。

たこ焼き

たこ焼きは、小麦粉と卵をベースにした、たこや天かす、青ネギなどの具材を混ぜた生地を専用のたこ焼き器で焼き上げた日本の郷土料理です。一般的には、小さな丸いボール状で、中には小さなたこが入っていることが多く、たこ焼きソースやマヨネーズ、青のりなどをかけて食べるのが一般的です。たこ以外にも、エビやチーズなどを入れたり、味付けやトッピングも様々なバリエーションがあります。特に、大阪を中心として広く食べられている郷土料理として知られています。

お好み焼き

お好み焼きは、日本の広島県や大阪府などでよく食べられる郷土料理で、生地にキャベツやネギ、天かす、ソーセージなどを混ぜ、鉄板で焼き上げる料理です。地域によっては、麺を加えたものや、豚肉やあさり、エビなどの具材をトッピングしたり、ソースやマヨネーズ、青のりなどで味付けをすることもあります。お好み焼きは、家庭で作られることも多く、また専門店で食べることもできます。

てっちり

てっちりは、鍋料理の一種で、鶏肉や野菜、豆腐、椎茸、白滝、うどんなどをだし汁で煮込んだ料理です。地方によって具材や味付けが異なりますが、一般的には、醤油や味噌をベースに、酒やみりんなどで味を調えます。出汁は、鰹節や昆布を使用することが多く、煮物のようなあっさりした味わいが特徴です。

ホルモン焼き

ホルモン焼きは、日本の屋台や食堂などで出される肉料理の一種で、主に豚の内臓を使用して作られます。ホルモンとは、肉の中でも内臓や腺臓、筋膜などの総称で、特に豚の内臓を指すことが多いです。ホルモン焼きは、ホルモンを塩やタレで味付けし、鉄板や網の上で焼いたものです。焼き加減やタレの味付けはお店によって異なりますが、多くの場合はにんにくや生姜、唐辛子を使ったスパイスが利いた味わいが特徴的です。また、野菜やキノコなども一緒に焼いて提供されることがあります。

和歌山県のご当地グルメ

和歌山ラーメン

和歌山ラーメンは、鶏ガラや豚骨、魚介類のだしをベースに、醤油やみそなどを加えて味付けした、比較的あっさりとしたスープが特徴です。麺は中太麺が一般的で、硬めの茹で上げが多いとされています。また、具材には、チャーシューやメンマ、青ネギ、海苔などが用いられることが多いです。

梅うどん

梅うどんは和歌山県のご当地料理の一つです。和歌山県は梅の産地として有名であり、そこで収穫された梅を使ったうどんが梅うどんです。梅干しや梅酢を使ったつゆに、のりやたまごなどをトッピングしたシンプルで爽やかな味わいが特徴的です。梅うどんは夏場に食べられることが多く、和歌山県内の多くのお店で提供されています。

梅うどんについて詳しくはこちら

柿の葉寿司

柿の葉寿司は、日本の伝統的な寿司の一つで、主に関西地方で食べられています。酢飯に魚や海老、卵焼き、錦糸玉子、梅干しなどをのせ、柿の葉で包んで食べる寿司です。柿の葉は、独特の風味を加えるとともに、食感や色合いを楽しむことができます。また、柿の葉には、抗菌作用や消臭効果があるとされており、食材を鮮度良く保つ効果があるともいわれています。

梅干し

梅干しは、梅を塩と糖で漬け込んで作られる日本の保存食です。古くから日本で作られており、食品のひとつとしても、日本の文化においても重要な役割を担っています。梅干しには、梅の果肉に含まれるクエン酸が豊富に含まれており、食欲増進、疲労回復、美肌効果などがあるとされています。また、保存食として、食材の腐敗を防ぐ働きもあり、日本の長い冬場において、栄養源として重宝されてきました。

和歌山県南高梅 つぶれ梅はこちら

鳥取県のご当地グルメ

牛骨ラーメン

牛骨ラーメンは、牛骨をベースにした豚骨ラーメンの一種です。スープは乳化させた牛骨と豚骨のコクと旨味が特徴で、細麺によく絡むことが多いです。また、辛味噌をトッピングすることもあるようです。豚骨ラーメンよりもマイルドな味わいであり、牛肉の風味が楽しめることが特徴です。

カニ汁

カニ汁は、カニ肉やカニみそ、野菜などを具材にしたスープ料理で、地域によって様々なバリエーションがあります。カニの身やカニみそ、カニダシをたっぷりと使用し、濃厚でコクのある味わいが特徴です。また、あんこうやホタテなどの海産物を加えたり、味噌仕立てにするなど、地域や家庭によって工夫がされています。

カニ飯

カニ飯は、ご飯にカニの身を混ぜ込んで炊いた料理です。カニの味がご飯に染み込んでいるため、とても美味しいと評判です。また、カニの旨味と甘味がしっかり感じられるので、カニが好きな人にはおすすめの料理です。

岩牡蠣

岩牡蠣は、大きくて身が詰まっている牡蠣の一種で、岩場などに固着して生息しています。主に冬季から春季にかけてが旬で、岩牡蠣は、生食や焼き牡蠣などに使われることが多く、ぷりっとした食感と濃厚な旨味が特徴です。また、カキフライやカキの酒蒸し、カキ味噌汁など、さまざまな調理法で楽しむことができます。

らっきょう漬け

らっきょう漬けは、らっきょうを酢、しょうゆ、砂糖、みりん、塩などの調味料に漬け込んだ日本の漬物の一種で、独特の辛みと甘みが特徴です。漬け込む時間によって味や食感が異なるため、家庭によって独自のレシピが存在します。また、健康にも良いとされ、栄養価が高く、殺菌効果もあるとされています。

島根県のご当地グルメ

芋煮

鳥取県の芋煮は、豚肉や野菜と一緒に里芋を煮込んだ郷土料理です。里芋の食感が残るように、火加減に気をつけながら煮込みます。鳥取県では、地元のイベントや祭りなどで提供されることがあります。

出雲そば

出雲そばは、島根県出雲市周辺で食べられているそばの一種です。出雲そばは、丸くて平たい形状をしているのが特徴で、通常のそばとは異なり、黄色みがかった色合いをしています。出雲市周辺には、多くのそば屋があり、その中でも老舗の「月見そば」は有名です。出雲大社に参拝した後に、出雲そばを食べるのも一興です。

シジミ汁

シジミ汁は、主にシジミを使った汁物です。シジミは、日本の海岸に生息する二枚貝で、潮間帯や汽水域などの浅瀬に生える海藻やプランクトンを食べて育ちます。シジミ汁は、シジミの旨味と香りを引き出したスープに、野菜や豆腐、油揚げ、ネギなどを加えて作ります。風味豊かな出汁とシジミの食感が特徴的で、冬の季節には身体を温める効果もあります。

岡山県のご当地グルメ

おかやまデミカツ丼

「おかやまデミカツ丼」とは、岡山県の特産品であるデミグラスソースがかかったとんかつを使用したご飯の上に乗せた料理です。岡山県の各地で提供されており、ひと口サイズにカットされたとんかつがご飯の上にたっぷりと盛り付けられています。また、デミグラスソースの他に、甘辛いタレや特製のソースがかかったものもあります。肉汁がたっぷりのジューシーなとんかつが特徴的な岡山県のご当地グルメです。

どどめせ

備前福岡(一文字のあるところ)の郷土料理で、炊き込みご飯に酢を混ぜた煮込み寿司です。
ちらし寿司に使われる椎茸やさやえんどうなどが入っており、炊き込みご飯にどぶろくをかけたところ、意外と美味しかったことから、「どぶろくめし」が「どどめせ」になまったことが由来とされています。

えびめし

えびめしとは岡山県のご当地グルメで、真っ黒色のチャーハンのような料理です。黒色はカラメルソースとケチャップを合わせているためで、むきえびや玉ねぎなどが具材として入っています。

津山ホルモンうどん

津山市は岡山県にあり、ホルモンうどんが有名です。ホルモンは豚のもつを指し、うどんとともに出汁で煮込まれます。津山ホルモンうどんは、麺が太くツルツルしているのが特徴で、濃厚なスープと絡み合って食べ応えがあります。

ままかり

ままかりとは、静岡県の伊豆地方で漁獲されるアミ目に属する海産物の一種です。体長は約5cmで、オレンジ色をした小さなエビのような形をしています。静岡県内では天然記念物に指定されており、地元では「ままかりさん」として親しまれています。生のまま食べることもできますが、一般的には塩で茹でて食べることが多いです。

ひるぜん焼そば

ひるぜん焼そば」は、岡山県ひるぜん市で生まれたご当地グルメです。中央に鶏肉やキャベツ、玉ねぎなどが入った鉄板の上で、細い麺を炒め合わせるスタイルが特徴的で、甘めのソースとともに味わうのが一般的です。また、岡山県内では「ひるぜん焼そば」と呼ばれますが、他の地域では「岡山焼きそば」として知られている場合もあります。

笠岡ラーメン

笠岡ラーメンは、岡山県笠岡市で生まれたご当地ラーメンです。特徴的なのは、黒い醤油スープに、もちもちとした平打ち麺が入ったことで、岡山県内でも愛される一品です。このスープには、豚骨や鶏ガラ、魚介類などをじっくりと煮込んだ後に、黒醤油を加えることで、コクと深みを出しています。麺は、やや太めで弾力があり、スープとよく絡み合います。具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、味玉などが一般的です。

日生(ひなせ)カキオコ

「日生カキオコ」とは、岡山県日生(ひなせ)市で漁獲された新鮮な牡蠣を使った海鮮料理の一つです。牡蠣は開いたまま貝殻に乗せ、生姜やネギなどの薬味と醤油をかけて食べます。また、カキオコ丼やカキオコうどんなどのバリエーションもあります。日生市は牡蠣の養殖が盛んな地域で、特に冬季には全国から観光客が訪れます。

広島県のご当地グルメ

広島焼きそば

広島焼きそばは、広島県を代表する郷土料理のひとつです。中華麺や野菜、肉、卵などを鉄板で炒めて、最後にオタフクソースをかけて仕上げます。一般的な焼きそばとは異なり、麺が底に敷かれ、その上に野菜や肉、卵がのせられ、オタフクソースがからめて炒められるのが特徴です。また、焼きそばの上に生地をのせ、そっとひっくり返して、両面を焼き上げる「広島風お好み焼き」としても親しまれています。

あなごめし

穴子は甘辛く煮付けられ、ご飯と一緒に食べるのが特徴的です。また、卵焼きやお新香などが添えられることが多いです。

揚げもみじ

広島の有名なもみじ饅頭に衣を付けて揚げたもので、宮島の食べ歩きグルメとして観光客から愛されています。串に刺さって上がっているため食べやすく、外はサクサクで中はアツアツの食感がたのしめます。

尾道ラーメン

尾道ラーメンは、広島県尾道市発祥のご当地ラーメンで、細くもちもちとした麺に、濃厚な魚介や鶏ガラをベースにしたスープが特徴的です。具材には、チャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔、薬味のにんにくが加えられます。また、尾道ラーメンには、太麺の「皿うどん」と呼ばれるバリエーションもあります。尾道市内を中心に多くのラーメン店があり、観光客にも人気があります。

山口県のご当地グルメ

瓦そば

瓦そばは、山口県で有名な瓦に乗せて提供されるそば料理です。特徴として茶そばを使用しているため麺が緑色をしており、具材として、牛肉や錦糸卵、刻み海苔を乗せて、つゆと合わせて食べられています。中国地方では、一般家庭でもよく食べられていますが、全国的にはまだ知名度は低く、通販サイト等で取り寄せないと食べることは難しいです

ふぐ

山口県には、南風泊市場(はえどまりしじょう)があり、日本全国で水揚げされたふぐがここへ集まりあmす。日本では、ふぐ刺しやふぐ唐揚げ、ふぐ鍋などが代表的なふぐ料理として知られています。また、ふぐの旬は冬であり、冬になると多くの料理店でふぐ料理が提供されます。

焼きカレー

山口県焼きカレーは、山口県萩市で生まれたご当地グルメで、カレールーを独自に炒め、卵でとじてからご飯にかけて食べる料理です。具材としては、玉ねぎやジャガイモ、ニンジン、キャベツ、ベーコンなどが入り、カレー自体は少し甘みがあり、パンチのある風味が特徴的です。炒めたカレーに卵をとじることで、まろやかな味わいに仕上がります。山口県内では多くの飲食店で提供されており、観光客にも人気があります。

みかん鍋

みかん鍋は、鶏肉や豚肉、野菜などをたっぷりと入れた鍋料理で、味付けにはみかんの皮や果汁を加え、みかんの爽やかな香りと酸味が特徴です。また、みかん鍋にはうどんや雑炊を加えて食べることが一般的です。

香川県のご当地グルメ

讃岐うどん

讃岐うどんは、香川県を中心に広く食べられているうどんの一種です。細くて弾力のある麺が特徴で、つるつるとした食感があります。さまざまなうどんメニューがありますが、代表的なのは「かけうどん」、「ざるうどん」、「ぶっかけうどん」、「カレーうどん」、「天ぷらうどん」などです。また、うどん屋では「釜揚げうどん」と呼ばれる、茹でたうどんをお椀に入れて、熱湯でさらに茹で直すスタイルが一般的です。うどんだけでなく、香川県ではうどんに合わせるための調味料やおかずなども多く作られており、観光客にも人気があります。

たこ飯

香川県の代表的なご当地グルメとしては、うどんが有名ですが、タコ飯も一般的に知られています。

香川県では、タコをご飯と一緒に炊き込んだ「タコ飯」が食べられています。香川県のタコは、柔らかくて味が濃いため、そのままでも美味しいのですが、ご飯に炊き込むことで、タコの旨味がご飯に染み込み、より一層美味しくなります。また、香川県では、タコ飯に様々な食材をトッピングした「タコ飯弁当」も人気があります。

オリーブハマチ

オリーブハマチとは、養殖されたハマチにオリーブオイルを与えた食品です。オリーブハマチは、香川県などの瀬戸内海沿岸で生産されており、養殖には安心・安全で、新鮮な食材にこだわっています。オリーブオイルを与えることにより、ハマチに旨味が増し、また、栄養価もアップします。また、オリーブハマチは、香り高く、さっぱりとした味わいが特徴で、生のまま、また、寿司や刺身、焼き魚など、いろいろな料理に利用されています。

徳島県のご当地グルメ

徳島ラーメン

徳島ラーメンは、徳島県を代表するご当地ラーメンの一種で、豚骨醤油味のスープに太めの麺が特徴です。また、麺には小麦粉の他に、玄米粉や黒米粉などが加えられ、健康志向の高い方にも人気があります。具材には、チャーシューやメンマ、青ネギ、もやしなどが使用され、一杯で満足感のあるラーメンとして知られています。

でこまわし

もち米を発酵させたものを生地にし、その中に具材を入れて揚げた料理です。一般的には、里芋、人参、こんにゃく、肉団子などが具材として使用されます。揚げたものを半分に切り、中にお好みのたれを入れて食べるのが一般的です。

愛媛県のご当地グルメ

三津浜焼き

三津浜焼きは、香川県三豊市の郷土料理の一つで、鯛やカツオのタタキを、すだちや生姜、ごま油などで和え、さらにたまごや薬味を加えたものを鯛やカツオの皮で巻いたものです。表面を炭火で焼き上げて食べます。三津浜漁港で水揚げされる新鮮な魚を使ったこだわりの一品で、香川県内だけでなく全国的にも知られています。

じゃこてん

じゃこてんは、小麦粉とじゃこを混ぜて揚げたもので、サクサクとした食感が特徴的です。揚げたてのものは塩やしょうゆ、ポン酢などで味付けして食べられます。また、うどんやそばなどの麺類にトッピングされることもあります。

宇和島鯛めし

宇和島鯛めしとは、愛媛県宇和島市が発祥の郷土料理のひとつです。鯛を煮込んだだし汁で炊いたご飯に、鯛の身や卵黄、青ネギ、柚子胡椒などをのせて食べる料理で、磯の香りや鯛の旨味が豊かで、とても美味しいと評判です。また、鯛めしの具材として、ほたて貝柱やしいたけ、海藻などが使われることもあります。

道後ビール

道後ビールは、温泉地として有名な道後温泉のクラフトビールで、道後温泉の湯上りのビールとして楽しまれています。道後ビールは120年以上の歴史があるビールで、熟田津(にぎたづ)の良水を使って作られるその味は、多くの観光客から愛されています。

高知県のご当地グルメ

かつおのたたき

鰹(かつお)の切り身を醤油やみりん、酒、砂糖、生姜などで下味をつけてから軽く炙り、薄くスライスして食べます。柔らかい口当たりと濃厚な味わいが特徴で、刺身や寿司などと同様に、日本の代表的な魚料理の一つとして知られています。

土佐文旦

土佐文旦とは、高知県を中心に栽培されている柑橘類の一種です。果皮が薄く、果肉が甘酸っぱく、種が少ないのが特徴で、その風味から「シードレス」とも呼ばれます。冬から春にかけて旬を迎え、生食やジュース、加工品などに利用されています。高知県は、土佐文旦の生産地として全国的に有名で、年に一度、土佐文旦祭りが開催されるなど、地域の特産品として親しまれています。

福岡県のご当地グルメ

博多ラーメン

博多ラーメンは、福岡県のラーメンの一種で、鶏ガラをベースにしたスープと細麺が特徴です。鶏ガラを長時間煮込んでコクを出したスープに、豚骨、野菜、魚介などを加えて調味し、熱々のスープで茹でた細麺を絡めて提供します。一般的には、チャーシュー、ネギ、海苔などがトッピングされます。また、細麺の硬さやスープの濃さなどは、個人の好みに合わせて注文することができます。博多ラーメンは、福岡を代表するご当地グルメの一つであり、全国的にも有名なラーメンの一種です。

もつ鍋

もつ鍋は福岡を代表するご当地グルメで、豚のもつを使用しています。豚肉と比べてコラーゲンやビタミンB群が豊富で、美肌や健康に良いとされています。もつ鍋のスープには、昆布やかつお節、野菜などを煮込んで作られるダシが用いられ、赤味噌や白味噌、醤油などを加えることで、豚のもつの旨みを引き出した味わいが特徴です。もつ鍋には、刻んだにらやキャベツ、もやしなどの野菜を入れて食べるのが一般的で、辛口のタレやゴマダレなどをつけて味を変えることもできます。

門司港焼きカレー

門司港焼きカレーとは、福岡県北九州市にある門司港レトロ地区で食べられている郷土料理の一つです。特徴的なのは、パン粉をまぶした肉や野菜を甘辛いカレーソースで煮込み、上に半熟の目玉焼きをのせたもので、見た目も美しい料理です。

門司港焼きカレーは、1902年に北九州市門司区で創業した洋食店「ハウステンボス」の創業者である金子金兵衛が考案したとされています。

門司港焼きカレーは、北九州市内のレストランや食堂で食べることができますが、門司港レトロ地区の中にある「カフェ ド ラ ポール」の焼きカレーは特に名店として有名となっています。

水炊き

博多水炊きは、福岡県博多市を中心に食べられている鍋料理の一種です。鶏肉や野菜をダシで煮込んだスープに、白身魚のすり身を加えて団子状にした「水だんご」を入れて煮込んでいきます。水だんごは、とろみをつけるために使われます。

水炊きのスープは、鶏肉や野菜を長時間煮込んで作られるため、コクがあり、あっさりした味わいが特徴です。また、水だんごは、モチモチとした食感が楽しめます。

水炊きは、基本的には出汁と水だんごの味を楽しむ料理であるため、タレや薬味はあまり使用しませんが、塩やポン酢、練り辛子などを少量加えることで、より一層の味わいを楽しむことができます。

明太子

博多の明太子は、赤い唐辛子を使った辛味のある漬け汁に漬け込まれ、鮮やかな赤い色が特徴的です。博多では、明太子をご飯に乗せて食べる「明太子ごはん」や、麺類にかけて食べる「明太子スパゲティ」などが人気の料理です。また、明太子はそのまま食べても美味しく、お酒のおつまみとしても愛されています。

佐賀県のご当地グルメ

呼子イカ

呼子イカは、福岡県糸島市の呼子地区で水揚げされるイカのことを指します。呼子イカは、肉厚で身が柔らかく、甘みがあり、噛み応えもあるのが特徴です。呼子イカは、薄く切って刺身や寿司、あぶって塩で食べるのが一般的ですが、唐揚げや天ぷら、イカ飯など、様々な料理に使われます。また、呼子地区では毎年9月に「呼子のイカ祭り」が開催され、呼子イカを使った料理が多数提供されることで有名です。

シシリアンライス

佐賀県の中心街でまかな料理として出されたのが始まりです。ご飯に、甘辛いタレで炒めた牛肉やレタス、キュウリ、トマト、コーンなどをトッピングした料理で、マヨネーズを仕上げにかけて食べることが多いです。

がめ煮

豚肉、大豆、油揚げ、さつまいも、ゴーヤなどの具材を、黒糖や醤油、塩、沖縄県産の島とうがらしを加えただし汁で煮込んだ料理です。具材とだし汁の量のバランスが重要で、水分を加減して具材をよく煮込むことで、味がしっかり染み込んだ美味しいがめ煮が完成します。豚肉のコラーゲンや大豆のイソフラボン、ビタミン、ミネラルが豊富で、栄養価も高い料理です。

からつバーガー

佐賀のご当地バーガーとして有名なのが、からつバーガーです。中はふんわりとしていながらも、外側はパリッと焼かれたバンズが特徴で、パティの他にチーズやハム、卵がはいっています。

マジェンバ

麺に小城市の食材をトッピングして特製マジェンバのタレをかけて作られる混ぜ麺です。2011年に新しいご当地グルメを小城市に誕生させるために考案された料理で、中華麺に小城市の食材と合わせて食べられています。

長崎県のご当地グルメ

カステラ

長崎カステラの特徴は、表面に細かな穴が開いていることで、中にはしっとりとした食感の生地が詰まっています。また、カステラの底部分にザラメが付いているのも特徴で、ザクザクとした食感を楽しむことができます。

長崎ちゃんぽん

長崎ちゃんぽんは、長崎県の郷土料理で、中華麺と豚骨スープをベースにしたラーメンの一種です。具材には、豚肉、海鮮、キャベツ、もやしなどが入り、野菜たっぷりで栄養豊富な食べ物としても知られています。冷蔵庫の余り物を入れて作ることができるため、冷蔵庫をスッキリさせる画期的な手段として主婦の方にオススメのご当地グルメです。

トルコライス

トルコライスは、長崎県の佐世保地域のご当地グルメで、米飯にスパイスがきいたトマトソースをかけた料理です。
中には、チキンやハンバーグ、ソーセージ、野菜などをトッピングして、様々なバリエーションがあります。トルコライスのルーツは、トマトソースの赤と白いご飯がトルコ国旗の色に似ていることから名付けられたという説もあります

ハトシ

ハトシとは、中国から長崎に伝わった料理で、海老のすり身を食パンで挟んで油で揚げた料理です。おかずの一つとして並んだり、手軽に食べれることからおやつとして食べられることもあります。中国語で「蝦多士(ハートーシー)」と書くことからハトシと名付けられました。

大分県のご当地グルメ

とり天

とり天は、鳥のささみやムネ肉を衣(から)で揚げた天ぷらのことを指します。鳥天(とりてん)とも呼ばれます。主に、麺類やご飯物のトッピングや、おつまみとして食べられます。ささみを使用したとり天は、肉質が柔らかく、甘みがあるのが特徴です。また、鶏肉は比較的ヘルシーな食材のため、揚げ物でもあまりカロリーが気になりません。天ぷらの衣は、小麦粉や片栗粉、卵、水などを混ぜて作られ、軽くカリッと揚げられます。添えられるソースには、甘口のタレや、ポン酢、塩やわさびなどがあります。

中津唐揚げ

中津唐揚げは、鶏肉に小麦粉をまぶしてから衣をつけ、カラッと揚げたものです。中津唐揚げは、外側はサクッと、内側はジューシーでとても美味しいです。一般的には、唐揚げソースやポン酢、塩などをつけて食べますが、中津市内では、特製のタレをつけて食べるのが一般的です。また、ご飯の上に乗せた「唐揚げ丼」も人気があります。

りゅうきゅう

りゅうきゅう」は、地元でとれた新鮮な魚を、醤油、酒、みりん、ごま、しょうがでつくるタレと和えていただく、大分の郷土料理です。沖縄の琉球の漁師から作り方を教わったことからりゅうきゅうと名付けられました。

地獄蒸し

地獄蒸しは、温泉地の下にある地熱を利用し、野菜や肉などの食材を地熱蒸しで調理する料理です。具材は筍や鶏肉、卵、ジャガイモなどがあり、特に美濃市の筍は味が濃く、独特の食感があるため、地獄蒸しにはぴったりの食材とされています。

地熱蒸しは、熱い蒸気が食材を包み込むため、野菜はシャキシャキ、肉はジューシー、卵はとろとろに仕上がり、食材の旨みや栄養素も逃げずに、素材の味が引き立ちます。

かぼすぶり

「かぼすぶり」とは、宮崎県の郷土料理のひとつで、かぼすとブリを使った料理です。

ブリは脂ののった魚で、かぼすとの相性が良いことから誕生しました。かぼすの爽やかな酸味と、ブリの旨味が絶妙なバランスで調和し、さっぱりとした味わいが特徴です。

関アジ

関アジは、海流の影響で、栄養価の高いプランクトンが発生しやすく、豊富な栄養を吸収することができるため、脂がのって身がふっくらとしていて、非常においしいとされています。また、関アジは身が締まっていて、骨が少ないのが特徴で、刺身や寿司、煮付け、塩焼きなど、様々な調理法で楽しむことができます。

熊本県のご当地グルメ

熊本ラーメン

熊本ラーメンは、熊本県を代表するご当地ラーメンの一つで、豚骨ベースのスープと太めのストレート麺が特徴です。熊本ラーメンのスープは、鶏ガラや鶏の胸肉、豚骨、野菜などを長時間煮込んで作られており、麺は平打ちの太めの麺で、もちもちとした食感が特徴です。また、熊本ラーメンのトッピングには、チャーシュー、メンマ、ねぎ、のり、紅生姜、味玉、海苔などが一般的です。中でも、熊本名物のトッピングとして知られる「辛子高菜」は、唐辛子と高菜の辛みと酸味が、熊本ラーメンのスープと相性抜群で、多くの人に愛されています。

馬刺し

熊本県の有名な食べ物に、馬刺しがあげられます。
馬刺しは、馬肉を刺身やタタキなどで食べる料理で、馬肉は低脂肪・低カロリーで、鉄分やタンパク質などの栄養素が豊富であるため、健康食材として注目されています。馬刺しは、馬肉の脂身や赤身を薄く切り、わさびやしょうゆなどの調味料をつけて食べます。

からしれんこん

熊本県を代表するご当地グルメにからし蓮根があります。
熊本からし蓮根は、熊本県で生産される蓮根をからし風味の調味料で味付けした食品です。からし風味のピリッとした辛味が特徴で、蓮根のサクサクした食感との相性が良く、お酒のおつまみや料理のトッピングとして親しまれています。また、熊本県外でも通販などで手軽に購入できるため、広く知られている食品の一つです。

晩白柚

晩白柚は世界一大きな果樹としてギネスブックにも掲載されている果物です。
熊本県の八代地方で生産されており、八代地方の特産品として販売されています。
甘酸っぱい香りが特徴で、甘味と酸味のバランスがよく、優れた食味を持っています。
また、晩白柚の皮は砂糖につけて食べることができ、果実と合わせて皮も味わうことができるフルーツです。

太平燕

太平燕は、細くて透明なツルツルした麺に、豚肉、キクラゲ、木耳、ニンジン、タケノコ、モヤシなどの野菜、そしてスープがかかっている料理です。スープは、鶏ガラや豚骨、魚介類からとった出汁が使われています。元は中国四川省の料理で日本人向けに食べやす改良されており、熊本では特に愛されているご当地グルメです。

いきなりだんご

いきなりだんごとは、小麦粉を練って伸ばした生地に、輪切りにしたさつまいもとあんこを包んだお菓子です。小麦粉とあんことさつまいもだけのシンプルな和菓子で、急な来客でもすぐに作れることから「いきなりだんご」と名付けられました。
シンプルでありながら、さつまいもの甘みと生地の甘みの相性は抜群です。

宮崎県のご当地グルメ

チキン南蛮

宮崎県を代表する料理にチキン南蛮があります。
チキン南蛮は、揚げた鶏肉をタルタルソースやケチャップ、酢などで甘酸っぱく味付けしたものです。衣はパリッと揚がっていて、中はジューシーで柔らかい鶏肉と相性抜群です。食感の違いを楽しめるように、ご飯にのせたり、千切りキャベツを添えて食べることが一般的です。また、スイートチリソースやマヨネーズを添えたり、レモンを絞って食べるのもおすすめです。

煮しめ

煮しめは、根菜や豆腐などの食材を煮込んだ日本の伝統的な料理です。一般的に、大根、人参、こんにゃく、里芋、鶏肉などをしょうゆや砂糖、酒、みりんで煮込んで作ります。煮しめは、栄養価が高く、食物繊維やビタミン類、ミネラルなどが豊富に含まれています。また、煮しめは、味が染み込んでいるため、翌日以降も美味しく食べることができるのが特徴です。

辛麺

辛麺は、韓国の郷土料理である冷麺を元にした麺料理です。辛さを効かせた醤油味のスープに、キムチやネギ、きゅうり、ナムル、炒り卵などの具材がトッピングされています。卵のまろやかさと辛味のあるスープの相性は抜群です。

肉巻きおにぎり

宮崎県を代表するご当地グルメに肉巻きおにぎりがあります。
肉巻きおにぎりは、ご飯に味付けした鶏肉を巻き、表面を焼き上げたもので、外はカリッと、中はジューシーでボリューム感のある味わいが特徴です。肉巻きおにぎりは、手軽に食べられることから、お弁当やおやつ、また屋台などでもよく見かけられます。

地鶏の炭火焼

宮崎県を代表するご当地グルメに地鶏の炭火焼があります。
地鶏の炭火焼は、鶏肉本来の旨味が詰まったご当地グルメです。炭火でじっくりと焼き上げた地鶏の肉は、柔らかくジューシーで、香ばしい炭火の香りが食欲をそそります。地鶏の種類や部位によって味わいが異なり、地元の人々にとっては親しみのある味わいの一つです。地元のレストランや居酒屋などで提供されており、地鶏の炭火焼きと一緒に地酒などを楽しむのが定番の食べ方です。

鹿児島県のご当地グルメ

黒豚

鹿児島県を代表する食材に黒豚があります。
主に鹿児島県で飼育されたブランドの豚肉で、牛肉並の値が市場で付けられたこともあるほどのブランド豚です。
肉色は淡いピンク色で美しいつやがあり、弾力のある食味が特徴です。
豚肉のなかでも臭みが少なく、さっぱりとしているため、年齢性別とわず楽しむことができます。

鹿児島ラーメン

鹿児島ラーメンは、鹿児島県を中心に提供されるご当地ラーメンのひとつです。
鹿児島ラーメンは、豚骨ベースのスープに、鶏ガラや昆布、干し椎茸などの出汁を加えたものが特徴で、濃厚でコクのあるスープが人気です。麺は太麺で、やや縮れた細かい麺が一般的で、口当たりが良く、スープとの相性が良いです。トッピングは、チャーシューやメンマ、ネギ、もやしなどが一般的です。また、鹿児島県は黒豚の産地として有名であり、黒豚チャーシューをトッピングすることも多いです。

さつま汁

「さつま汁」とは、鹿児島県や宮崎県などで食べられている郷土料理のひとつで、主に里芋やこんにゃく、にんじん、大根などの野菜と、豚バラや鶏肉、あさりなどを使って作られる汁物です。

基本的には、野菜と肉や魚介をだし汁で煮込んだあとに味噌で味付けをします。豆味噌を使うことが一般的で、辛子やごま油などを加えて、風味を添えます。また、鶏肉や豚肉の代わりに、牛肉や羊肉を使ったものもあります。

沖縄県のご当地グルメ

ラフテー

ラフテーとは、豚の皮や軟骨、内臓などを使った沖縄料理で、沖縄の豚の角煮です。
具材を豚の骨付き肉と一緒に酢や沖縄産の黒糖、醤油、みりん、豆板醤などを加えた調味料で煮込んで作られます。煮込むことでコラーゲンが出て、スープがとろみを帯びて濃厚な味わいに仕上がります。一般的には、豚肉と一緒に具材を煮込むことが多いですが、野菜だけで作る「野菜ラフテー」もあります。また、沖縄県内では、ラフテーを挟んで食べる「ラフテーサンド」が人気の軽食として知られています。

サーターアンダギー

サーターアンダギーは、沖縄県を代表するお菓子です。
小麦粉、砂糖、卵、揚げた花生などを混ぜて丸く揚げたもので、沖縄のスイーツの代表的な品種であるため、沖縄旅行のお土産としても人気があります。揚げたてのサクサク感と、中に入った花生の香ばしさが特徴的で、甘い味わいが好まれます。

ゴーヤチャンプル

ゴーヤチャンプルーは、沖縄県を代表する料理の一つで、ゴーヤ(苦瓜)と豆腐、卵、豚肉などを炒めて作られる炒め物です。ゴーヤは苦みがある野菜で、沖縄料理では定番の食材のひとつです。その苦みは、食欲を増進させるとされ、体にも健康的な効果があるとされています。

ソーキ蕎麦

ソーキ蕎麦は、沖縄県の郷土料理の一つで、そばと豚肉の煮込み料理です。
蕎麦は普通の蕎麦ではなく、沖縄で栽培されるアグーと呼ばれる太い蕎麦が使われます。豚肉は、ソーキと呼ばれる豚バラ肉を甘辛いたれで煮込んで作ります。煮込む時間が長く、豚肉が柔らかく仕上がるのが特徴です。蕎麦と豚肉を合わせて食べるのが基本的な食べ方で、上に刻んだ紅ショウガや青ネギをのせて味を引き締めます。

沖縄そば80

沖縄そばは、沖縄県を代表する麺料理のひとつです。細くてやや太めの麺に、豚骨や鶏ガラなどをベースにしたスープが特徴的です。沖縄そばのスープは、醤油や塩、味噌などを使ったバリエーションがあり、麺との相性が異なるため、一度に複数の種類を楽しむこともできます。

厳選された
ご当地食を
食卓に。

全国各地にある旬の美味しいご当地食を買うなら「ご当地風土」みかんやメロン、桃といった果物から、とうもろこしやたまねぎ、さつまいもといった野菜の青果を中心に、食のプロ集団の目利きで全国産地ごとに厳選した、たくさんの「おいしい」をお届けします。

当店について

ご当地風土では、みかん・柑橘類、メロン、桃などの果物やとうもろこしやさつまいも、たまねぎなどの野菜を中心に、全国各地より旬の食材を厳選してネット販売しております。

お中元やお歳暮などのギフトにオススメの商品はもちろん、ご家族でのご利用やご自身へのご褒美などにもピッタリな商品を取り揃えております。ギフト・贈答向け商品におきましては熨斗サービスも無料で承っております。大切な方への贈り物に是非ご活用ください。

みかん 柑橘類

当店の主なお取り扱い商品

果物・フルーツ

みかん・柑橘類

熊本や愛媛、和歌山、宮崎産のみかん・柑橘類を中心に取り揃えております。主な収穫・販売時期は10月~3月ですが、ハウスみかんもございますので、おおむね年間通じてお買い求めが可能です。近年では、親や祖父母の世代の方はみかん・柑橘類好きが多く、また、好きな時に手軽に食べられることから、ギフト・贈答品としても人気が高まっています。

取り揃えている主な品種・ブランド

一般的な温州みかんのほか、デコポン・不知火、はるか、はるみ、文旦(パール柑)、紅まどんな(紅マドンナ)、せとか、天草、河内晩柑など様々な品種を取り揃えております。